病院で脳梗塞の治療を受けよう~ヘルスサポート通信~

4人の医者

効果が高いブロック療法

看護師

効果が高くて有名な手技

腰に関するさまざまな疾患のうち、腰部脊柱管狭窄症は、若い人ではほとんど発生しません。これに対して高齢者では、腰部脊柱管狭窄症の発症率が、高いことが知られています。高齢者は、日本全体の人口のなかで、その割合が増加しています。今後は、さらに高齢者の占める割合が増加して、3人に1人が高齢者になると予測されているのです。そのため、日本において腰部脊柱管狭窄症は、これからもっと増加する可能性の高い疾患なのです。このような腰部脊柱管狭窄症の治療法としては、保存療法が主体を占めています。腰部脊柱管狭窄症の保存療法のなかでも、効果が高くて有名な手技が、ブロック療法になります。ブロック療法は、その効果の高さのために、さまざまな医療機関で取り入れられ始めているのです。

ブロック療法の特徴

こうしたブロック療法のうち、医療機関全体で使用頻度が高いのが、仙骨ブロックになります。仙骨ブロックの使用頻度が高いのは、手技の習得が比較的簡単であるためです。仙骨は、体表からとても近い所にあるために、目標となるポイントを、見つけることが容易なのです。そのため、整形外科などの医療機関では、この手技が盛んに取り入れられています。これに対してペインクリニックでは、硬膜外ブロックを用いることが多くなります。硬膜外ブロックは、仙骨ブロックと同程度の効果が期待できる手技です。いっぽうで、実際に注射を刺す際の痛みに関しては、仙骨ブロックよりも少ないという特徴があります。このように、同じブロック療法でも、それぞれに特徴が存在しています。したがって、こうした特徴を上手く活用することが、腰部脊柱管狭窄症の治療には大切です。その他にも、脳梗塞など私達の身の回りには恐ろしい病が多数存在します。脳梗塞の初期症状にはろれつが回らない他、顔が痺れるなどの症状が出るので見逃さないことが大切です。また、脳梗塞は再発する可能性が高い病気でもあるのでしっかりと治療し、普段から自分の体調面を把握しておく必要があります。

加齢ともに起こる病気

医療

加齢により引き起こされる可能性のある病気の一つに脊柱管狭窄症が挙げられ、治療には手術などの方法もあり得ますが、様々な改善方法があると言えますので早急に手術を行わずに、まずは他の治療を試してみると良いでしょう。

詳細を読む

安心で気軽な手術

レディー

PLDDを利用する事で整形外科の椎間板ヘルニアの手術は容易になっているのです。傷口が目立たないほど小さいのです。PLDDはレーザー治療方法なのです。患者さんの術後の経過も良く早期に退院が出来て社会復帰していくことが出来るのです。

詳細を読む

負担のこない術式

メディカル

名医が行うヘルニア手術の多くは局所麻酔が多いのです。患者さんの意識がハッキリとしていると観察しやすくなるからです。また術後の経過も順調になるのです。これに加えて痛みが軽くなる様に体操やストレッチで筋肉を幹部の周りにつける事が必要になるのです。

詳細を読む